【オランダ移住企画】海外ローカル企業に、フリーランス契約してもらう方法





【新企画】で始めた、海外移住の無料コンサルタント

この企画は、オランダに移住したいYさんを

  • 移住までのサポート
  • 移住後のマネタイズ

総合コンサルティングを無償でやる

という夢のような企画です(自画自賛)




移住までにやってもらうリスト

前回Yさんと日本で打ち合わせした内容

オランダの家探しを始める

Facebookを活用しシェアルームを探してもらう

Amsterdam Rentなどのキーワードで検索してもらい、シェアルームを申し込む

仕事探しの手段を変更する

Yさんは、ローカル企業に就職を希望されていたのですが

日本人の労働許可は、難易度は高いので

Freelance Visaを取得する前提で、

フリーランスで契約できるかというアプローチに変更してもらう

※注意フリーランス契約はきちんと行わないと、違法になります

 

未来への準備(マネタイズ)
移住後の収益化を考えてもらう

月収50万円以上の、不労所得でもない限り

現地で生活する、生活費を稼ぐ必要があります。

そこで、私が提案したのが

得意なことを仕事にしましょう

Yさんの経歴は

  • インタースクール(幼稚園のマネージャー)
  • 外資系投資会社勤務(金融)

サクっと聞いて、現地でも生かせそうな経歴だったので

  • 日本人のお子様や駐在妻をターゲットにした、プライベート英会話など
  • 前職を生かし、子供専用の塾などができないか(英会話特化)
  • 投資商品の案内

など自分のスキルを思いつく限り紙に書き出してみてください。
その中から実現可能そうなものを着手しましょう(一番情熱を注げるものが良いです)

というアドバイスをしました。

サイト、ブログを立ち上げる

  • 移住までの全ストーリーをマニュアル化する
  • 3のビジネスにすることを書く
  • SNSでも連携させる

メディアでの収益化もやりましょうということで

ここまでが日本で話した内容です。

渡航前に現地企業とフリーランス契約してもらう方法

日本の一時帰国から、現地に戻りYさんに進捗を報告してもらいました

Yさん

こんにちは!

久しぶりの日本エンジョイしていましたね

例の会社にビザの件を伝えたところ以下のような返信がありました。

このビザについてご存知であれば教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします^ ^

ここで聞かれたのが、面接中の企業が

VISAを持っている人だけしか採用できないため

自分で労働許可を取ってくださいねということで

  • Valid work permit
  • Non EU members

を自分で取得してください、ということですが

調べてみると、いずれもYさんの条件では

取得するのは不可能な難易度でした。

これ先方の会社がやってくれないのですよね?
と言う事は、自分で取得するのは不可能に近いです

Yさん

一応日本人向けにマーケティングを行っている、会社らしいのですがビザのサポートはないそうです

 

やはりはじめにお伝えした、パターンしかないですね。例の戦略で進めましょう。

ということで、もともとアドバイスしていた

Freelance Visaを取得する前提で、契約してもらえないかをYさんに

先方の企業に聞いてもらいました

個人事業主での契約依頼

申請フォームは7024フォームを採用担当者に見せてもらい

個人事業主として、契約して下さい。

と連絡してもらいました。

 

Yさん

(私の本名)○○さんが送ってくださったURLを送って内容を確認して頂いたところ、フリーランスとして働けるとの返事が来ました❣️😳

さっそく、一社契約のめどがつきました。

これで、Yさんは同じフローで

採用情報を出している企業へ、アプローチしていけば

複数企業と契約できるという、経験ができたので

私としては、コンサル成功です

私のコンサル信念

”魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ”

答えを教えてばかりいると支持待ち人間になってしまいますが

考え方を教えていくと、自分で考えて正しい答えを出していける人になります

次のミッション

仕事をして稼いでいくことは、企業と契約の他に

自営も入っているため、現状では完全ではありませんが

 

今回最も私の中では、難易度の高い

住居探しに進んでもらうように連絡しました

こちらは次回【海外移住コンサル企画】第2話の記事でご紹介します

まとめ

  • VISAサポートをしていない企業には、フリーランスとして契約を依頼する
  • とにかく、数を打って応募する
  • 企業からの報酬以外の、収入も考えておく
  • VISAを会社で取得してくれる場合は、就職しよう(その方が保証が厚い)