オランダ不動産投資についてのまとめ





私はビジネスで個人、法人を対象に

  • VISA取得(滞在、労働許可)
  • 住居サポート
  • 法人設立サポート(フリーランス含む)
  • ビジネスの仲介

などをサポート業務も行っており、多くのお問い合わせをいただいております。

 

その中で、良くお問い合わせ頂くのが

不動産購入と投資に対してのお問い合わせをいただいておりますので

事前に、オランダの不動産投資についての考え方をまとめました。

オランダでの不動産投資の考え方

日本では、少額不動産投資や資産運用としての

不動産投資が人気のようです。

不動産投資とは

利益を得ることを目的として

マンションや、住宅、土地などを購入して

購入した費用より高く、貸す、売るなどで利益を上げる事を目的とするものです。

一般的には、家賃収入が多いのではないでしょうか。

オランダでの不動産と日本の違い

先ず、オランダと日本の違いとしては

  • オランダでは土地を購入して、建物を建てることがない

オランダの都市計画は国主体で行っており、土地を購入して家を建てるということは

ほぼあり得ません。

基本的には、土地は購入できず建物のみを購入します。

  • オランダでは住居の価格は下がりません

日本では建物をたて、住んだ瞬間から建物の価格は下がっていきますが

オランダでは、築年数で住居価格は下がりません

一般的には2018年現在では、

購入時より売却時の方が、住居価格が高騰している傾向です

つまり、売却する際は殆どが購入した価格かそれ以上で売却できます。

土地は買う事ができないけど、日本と違い中古住宅は資産価値として
築年数では下がる事はない。
逆に、物価上昇数によって毎年価格が高騰している

オランダでの住居購入方法

基本的には、インターネットを通じて応募し

応募者の中から、オーナーが売却相手を決めます。

 

インターネットで住居を探す場合

funda.nlこのサイトを皆見ています

不動産もこちらに情報を出している為、このサイトだけで十分です

 

支払方法については

  • キャッシュ(振り込み)
  • ローン

の2パターンになりますが、非居住者に対しては

ローンを組むことは、難しいと思われますので

ローンを組む場合は、居住地でのローンを選択して

キャッシュで、購入する事になります。

資産運用

マネタイズ方法

  • 賃貸(家賃収入)

購入した住居を、人に貸して家賃収入を得ているオーナーが多いです。

特に家具付きの状態で、外国人向けに賃料収入を得ている方が多いです。

  • 民泊やシェアハウスとして貸す

オランダでもairbnbやSNSでシェアハウスを募集しているので

この様に、家賃収入を得ているオーナーも多いです。

まとめ

  • オランダは土地は購入できない
  • 住居の価値は築年数で下がらない
  • 2018年現在、住居価格は高騰している
  • 2018年現在、売却時は、購入額と同等かそれ以上の価格で売れている
  • リノベーションして、賃貸による家賃収入が一般的

2018年現在の私のおすすめする立地での

4人家族向け物件の場合

物件購入価格は€500,000~日本円換算64,731,187円

平均賃料/月 €2,000~€2,500

と言うのを目安として、参考にしてみてください。