正しい質問の方法をマスターして、ビジネス力をあげる。





仕事中に質問の仕方について、注意された経験はありませんか。

  • もっと自分で考えてから、質問してください

など言われたことはありませんか。

仕事上で、質問の方法について指摘をうけるのは

じつは、かなり危険な状況です。

 

私が失敗体験をもとに、改善してきたことを

傾向別に対策方法と、正しい質問文章でまとめ

  • 例題
  • デメリット
  • 改善方法
  • 具体的な対策
  • 正しい質問方法雛形

わかりやすく

どうしたら改善し、質問力を高められるかをご紹介いたします。

質問は成長の場

質問とは、自分が不明な点を教えてもらい知識として吸収できるチャンスです
自分のスキル向上に約立てましょう




質問一つで相手の姿勢とスキルがわかる

今では日々、多く質問に回答しているため

質問を見るだけで、その方の仕事のスキルが

どれくらいかということが、分かるようになってきました。

 

つまり、あなたの質問ひとつで回答者から査定されている

ということを、理解する必要があります。

それくらい、質問力は大切なスキルです。

子供型しつもん

わからないことをすぐに、質問をしてしまう

こども
なんで? どうして?

この傾向は、子供がすぐになんで? と聞くのと同じタイプの方です。

例題

では、ここからなぞなぞ 問題を例題に出して解説します。

あなたが、上司からこのような仕事を依頼されました。

上司
○○さん、お客様から

通るときには閉まって、通らないときには開いているものは何?

という問い合わせがきてるから、対応してください。

あなたは一瞬考えますが、なんと返信してよいのかわかりません

そこで間髪いれずに、このように質問してしまいます。

過去の私
えっ? この質問なんですか? 意味分かりますか?
上司
・・・・○○さん、お客様には”○○です”とご返信しておいてください。

 

過去の私
あぁ~”○○なんですね”わかりました!!
質問の答えは、まとめに記載しています

デメリット

このように、はじめのうちは丁寧に対応してくれますが

何度もこの状態を繰り返すと、

 

この人は自分で考えてみるということをしない人なんだな、

仕事を任せていて大丈夫かなと不安になり、大切な業務をお願いすることに躊躇してしまいます。

 

改善方法

自分が、一瞬で理解できないことを
掘り下げて考える、という手順を省略してしまっている状態です。

 

この状況を改善するには

ぱっと見て直感で、すぐに質問をせず

いちど自分の中で、内容を分解して掘り下げて考えましょう。

 

分解して掘り下る考え方

通るときには閉まって、通らないときには開いているものは何?

この文章を分解していくと

2つの動作があることが分かりますね

通るときには閉まっている 通らないときには開いている

通る(動く)と開け閉め(開閉)です

 

次に、2つの条件と違いを考えてみて思いつくことを

紙に書いていきましょう。

通るときには閉まっている >それぞれ思いつく限り紙に書いてみる

通らないときには開いている >それぞれ思いつく限り紙に書いてみる

それでも、答えが思いつかない場合は

あらためて、全体をみて

この2つの条件が一致する状況を >思いつく限り紙に書いてみる

いかがでしょうか、ここまで考えてみると

何か思いつくのではないでしょうか。

 

正しい質問のしかた

もしここまで真剣に考えても、どうしてもわからない場合

以下のような質問をするようにします。

現在の私
すみません、このように考えてみたのですが、どうしてもお客様のご質問に対して正しい解答がわかりません。

私の理解不足で恐縮ですが、どのような答えが正しいか教えていただけますでしょうか

  • 自分がどのようにして考えたのかを共有する
  • 考えた上で、不明な点を質問する
  • 教えていただくことに感謝する

この点を踏まえて、質問をするようにしています。

point考えた過程を共有する

もし、あなたが上司の場合どちらの質問のほうが

よいかという立場になって考えてみるとよいでしょう。

初級なぞなぞ 問題より引用

通るときには閉まって、通らないときには開いているものは何?

引用:nazo2.net

 

このように、分からないなと思ったことは

一度内容を自分で理解する、習慣を何度も繰り返します。

それにより、考える能力も向上し

それによる効果で、いろいろなことを考えて

解決できる能力が身につきます。

考える時間は30分

ただし、仕事では時間も大切なため

私は考える時間を30分以内に設定し

30分以上考えても、分からないことを質問するようにしています

質問力は世界共通
質問の正確さは、世界共通のスキルです

まとめ

  • 分からないと思ってもすぐに、質問しない
  • 内容を分解して、考えてみる
  • 過去に同じレクチャーや説明を受けていないか調べてみる
  • 考える時間は30分いないにする
  • 質問は、考えたプロセスと不明点を別にして質問する

なぞなぞの正解:踏み切りです