失敗やミスからみる、仕事での成長できる人とできない人のたった一つの違い。



社内外を通じ、成功される方

成長されない方を、たくさん見てきました。

成功されている方と、成長されない方の

それぞれには、失敗した時の考え方に

違いがあるという点が特徴です。

今日は、失敗した時のマインドセットをご紹介するので

ぜひ、参考にしてみてください。

失敗した時の考え方が分岐点

どんな人でも、失敗はします

しかし、成功している人や成長する人には同じ共通点があります

逆に、いつまでも成長できない人や失敗を繰り返す人にも

同じように共通点があります。

成功している人の考え方

成功する人たちは

どんな失敗においても、

必ず失敗の原因を自分の中に見つけ出し

言い訳や、他人のせいにしません。

速やかに、ミスを分析し

次回どのようにしたら、同じミスが再発しないかに

時間を費やします。

成長できない人の考え方

失敗はすべて自分以外の原因だと考え

反省しません、もしくは納得していないが

うわべだけの謝罪をしている。

成功する人は、改善策に時間を使いますが

成長しない人は、言い訳などに時間を使います。

失敗を成功にするためには

私も読みましたが、実際に成功している人たちと
本の内容を見ると納得します。
 
また、この本を読むことで
部下や家族友人などが、失敗したときに
どの様な行動をとるのかが理解できる本です。
 
未読の方は、ぜひ読んでおくべき一冊です。

まとめ

失敗を生かせる人

  • 失敗の原因を自分の中に置いて考える
  • 失敗のボトルネックを掘り下げて、対策を練る
  • 失敗を直ぐに報告、共有できる
  • 失敗について、言い訳をせず真摯に謝罪をする人
  • 失敗から学ぶ人

失敗を続ける人

  • 失敗を自分の中に見つけられない人
  • 失敗は環境や、他人のせいにする人
  • 素直に謝れない人
  • 改善よりも、言い訳に時間を使う人
  • 考える習慣を持ってない人
  • 失敗を隠そうとする人

如何でしたでしょうか

人はいつでも成長することができます

もし、記事を読んでみて少しでも

失敗を続ける人に該当する箇所あれば

失敗したときに、失敗から学べる行動を真似し

失敗を成功の母にしてみてください。